30代半ばを過ぎ、乾燥やしわがきになっていました。高めのブランドの化粧水、乳液をつかっているのですが、まあこの高い化粧水をつかっているからこの程度ですんでいるのか、はたまた高いわりに効果がないのか不明でした。

そんなおり、子供がうまれ何かと自分のスキンケアに時間をかけららなくはなってきていました。

しかしながら、てを抜いてしまうと乾燥が…と寝かしつけた後に必死に保湿などをしてました。

でもふと、もっと手軽にできればよいのにと思うようになってきました。

子供と一緒にお風呂に入って、でたらふいて、そのあと着替えさせて、なんてやっているうちに顔がカピカピになってきます。このカピカピの状態に高い化粧水なんて使ったって、効果が半減なんじゃないか、お金の無駄?とさえ思い始めました。

そんなおりにふらっと立ち寄ったコスメショップ。お手頃価格のコスメがならんでいますが、安かろう悪かろうと食わずぎらいで買ったことなんてありませんでした。そんな中、化粧水、美容液、乳液がひとつになったオールインワンジェルというのを目にしました。

いままで、安いコスメには目もくれていませんでしたが、時短できるこの商品に心ひかれてしまいました。

幸いにもこの商品に小さいお試し用のサイズが売っていたので、買ってみることに。

使うまでまだ半信半疑ではあったのですが、数日使ってみて、あれ?なんかいいかも。と思いました。これで時短という要素がくわわるのでコスパとしては文句ない一品だと思いました。

食わずぎらいでも、試しに使ってみるもんだ!といい経験になりました。

PRサイト:シミトリーの口コミと評判が素晴らしいので買ってみた

余りお金をかけず、なお且つ簡単に乾燥から肌を守る!をテーマに私の日々のケア方法を紹介します。

敏感肌でしかもインナードライなのか、そこそこする美容液を使ってもヒリついたり時間が経つと乾燥して粉吹いたりで化粧乗りも悪くなる一方でした。

ここ数ヶ月は以下の2アイテムを使ってケアしてみたところ、徐々にその症状が軽減されモチモチ肌になりました。

化粧水:Obagi Active Surge/Platinized Lotion(内容量150ml/価格\5,000税込み)

保湿:ニベアクリーム(容量169g/価格は販売店でかなりのバラつき有)

ケア方法:1.ぬるま湯で軽く顔を洗った後、ティッシュで水分を抑えて取り化粧水で顔全体に抑えるようになじませる。

2.しっとり手に肌が吸い付くようになったら、パール3つ分の量のニベアクリームを伸ばし優しく顔をマッサージして完了!

ポイント:タオルで顔を拭くのではなく、ティッシュで押さえることで肌を傷付けずに不要な水分だけをとることができます。また、その後すぐに化粧水を使うことで肌のツッパリ感を抑えることができます。

保湿をニベアの青缶に任せることで、浸透力のある化粧水にお金を回せるのでオススメです。

以上、ものぐさな私のスキンケア方法の紹介でした。購入はこちら⇒ラメラエッセンスCの効果を口コミで見たらすごかった件

寝るときは薄手の綿素材手袋をはめて手肌のスキンケアをします。

こういう綿素材の手袋は肌をやさしく守ってくれますし乾燥対策としても優秀でオススメ。

わたしはいつも100円ショップでスキンケア用の手袋を買いますがどれもこれも満足できる物ばかり。

手首部分にゴムが入っていない物がほとんどになりますが、スキンケア用として利用する手袋にはゴムが入っていない方が良いんですよ。

防寒のために使う手袋は、手首の部分がゴム編になっていたり、手首にゴムが入っていて暖かさを閉じ込めているけど、薄手の綿素材手袋は防寒のために使う物じゃないのでゴムは不要なんです。

ゴムが入っていると手袋を外したとき手首にゴムの跡がついてしまいますよね・・・。

それだけでもスキンケア手袋としては失格なんですが、ゴムが入っているとそこで血行が悪くなるためむくみの原因にもなってしまうんですよ。

だからスキンケア対策に使う手袋はゆるい方がよく、ゴム入り手袋は選ばない方が無難なのです。

ハンドクリームがあれば薄く塗ってから手袋をはめて寝ます。

手肌は年齢が現れる場所だけに日頃から意識してケアすると良いですよ。

簡単だけどキレイになれるオススメのスキンケアです。

こちらもどうぞ⇒ふんわりルームブラの口コミで効果を知る

女性なら、誰しも(みんながみんなでは、ないかもしれませんが…)気になる、「しみ対策!」。

私自身は20代の頃は、「しみ」に対してさほど、気にすることもなく、海やプール、海外に行くときのみ、日焼け止めを使用する程度でした。

第2子を出産したあたりから、頬骨付近のしみが急に気になり始め、友人から勧められたシミ取りクリーム、『ケシミン』をもう4年ほど使用しています。

効能としては、①ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑える。②ビタミンEが血行促進。③バージニアホワイトが透明感のある肌に導く。

と、あります。

友人は、気になるしみに塗り込んでいたら、しみが薄くなったと言っていましたが、私は少し半信半疑です。

ただ、シミ取りクリームを使用していない場合と、使用している場合の比較が難しいので、何ともいえません。

個人的には使用前よりしみが著しく増えた、という印象はありません。

シミ取りクリーム以外の『しみ対策』も同時に行った方がより効果的だと考えています。

クリームだと、皮膚の外側からのみのアプローチになります。

この場合、なかなか皮膚の中のしみに届くことは無いようです。

そこで、『黒酢』を意識的に取るようにしています。あとは、予防措置として、目からの紫外線対策に『サングラス』を使用しています。

黒酢もサングラスも、医学的に見てもその効果はあると多くの情報のなかで紹介されています。

以上が私のしみ対策です。よく読まれてるサイト:シミ消しクリーム ランキングTOP3

年齢とともに顔のくすみが気になっています。

また、若い頃はなかったシミがいくつか見られるようになってきたので、シミを消す力が凄いと噂の某オールインワンゲルを数か月前から使用しています。

使い始めの頃は顔がワントーン明るくなったような気がし、また肌全体も整って化粧ノリが非常に良くなりました。

それまで使っていたのと同じファンデーションを使っても、まるで違う化粧をしているように見えたものです。

しかしそれから時間が立ち、肌が慣れてしまったのか?使い始めの頃の感動はもうないという気がしています。

それに、時間がたてばたつほど、肌への保湿が足りていないのではないかという気持ちが強くなってきました。

私の使うオールインワンゲルは美白効果はすごいものの、やや保湿効果が薄いのだと思います。

一応、使い始める前に様々な方の口コミを見て、保湿効果も十分にあると確かめてから使い始めたのですが・・・。

美白をとるか、保湿をとるか。

悩ましいところではありますが、顔が乾燥すると本当に疲れたように見えてしまうので今度買うなら保湿効果の高いものにしたいと思っています。

それも、様々なところでこれ以上のものはない!と大評判の、クレーム ド ラメールを使おうと思っています。

どうせ買うなら、高くてもしっかり効果が出て欲しいので、今から買うのが楽しみです。

もしあなたが一生懸命スキンケアをしていても肌が荒れてしまったりかさついてしまったりしてしまう事はないでしょうか?

せっかくスキンケアをしているのに肌が荒れてしまったりかさついてしまったりしてしまうとショックを受けてしまうものではないかと思います?その肌荒れやかさつきは果たして使用している化粧水や乳液が悪いのでしょうか?

実は使用している化粧水や乳液が悪いと言うわけではなく、自分自身のホルモンバランスの乱れや生理周期の乱れからそのような肌のトラブルになってしまうこともあります。そこで、肌のトラブルを起こさないように気をつけなければならないことについて述べていきたいと思います。

ホルモンバランスの乱れと言う言葉が出てきた際に、乱れてしまっているホルモンは「女性ホルモン」と言うホルモンなのですが、このホルモンには身体のバランスや成長を促す働きがあります。

しかしながら、日常生活において精神的なストレスを抱えてしまったり、生活習慣が乱れてしまうとこの女性ホルモンの働きが悪くなってしまったり、分泌が少なくなってしまったりすることがあります。このことによって、肌が荒れてしまうことやかさついてしまうことが起きると言うことが原因の1つとして挙げられます。

そのように女性ホルモンの分泌を阻害しないためには、なるべく精神的なストレスを抱えないと言うことや、脂っこいものや食事をなるべく控えると言うこと、適度な運動をすると言うことが良いとされています。

また、昼夜が逆転してしまうような形やスマートフォンを見ることが多い方も女性ホルモンの分泌が乱れてしまいますので注意が必要です。