スキンケアはホルモンバランスによっても変化する?

もしあなたが一生懸命スキンケアをしていても肌が荒れてしまったりかさついてしまったりしてしまう事はないでしょうか?

せっかくスキンケアをしているのに肌が荒れてしまったりかさついてしまったりしてしまうとショックを受けてしまうものではないかと思います?その肌荒れやかさつきは果たして使用している化粧水や乳液が悪いのでしょうか?

実は使用している化粧水や乳液が悪いと言うわけではなく、自分自身のホルモンバランスの乱れや生理周期の乱れからそのような肌のトラブルになってしまうこともあります。そこで、肌のトラブルを起こさないように気をつけなければならないことについて述べていきたいと思います。

ホルモンバランスの乱れと言う言葉が出てきた際に、乱れてしまっているホルモンは「女性ホルモン」と言うホルモンなのですが、このホルモンには身体のバランスや成長を促す働きがあります。

しかしながら、日常生活において精神的なストレスを抱えてしまったり、生活習慣が乱れてしまうとこの女性ホルモンの働きが悪くなってしまったり、分泌が少なくなってしまったりすることがあります。このことによって、肌が荒れてしまうことやかさついてしまうことが起きると言うことが原因の1つとして挙げられます。

そのように女性ホルモンの分泌を阻害しないためには、なるべく精神的なストレスを抱えないと言うことや、脂っこいものや食事をなるべく控えると言うこと、適度な運動をすると言うことが良いとされています。

また、昼夜が逆転してしまうような形やスマートフォンを見ることが多い方も女性ホルモンの分泌が乱れてしまいますので注意が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です